FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十五歳 vol.7

「どうした!?」
尋常でない悲鳴に、南部は腰に手拭いを巻いただけの姿で浴場に駆け込んだ。
「は、博士!ここは危険だ。ギャラクターの罠にちげえねえ!」
南部の姿を見て、ジョーは血相を変えて叫んだ。
「落ち着け、ジョー。何があったのかね?」
「ここのお湯はまるで熱湯だ。異臭もする。こんなところに入っていたら火傷しちまう。博士、ギャラクターの仕業に間違いありません!」
気色ばむジョーだったが、南部は顔色ひとつ変えず、ふむ、と言うと、手桶に掬った湯を左手にかけ、白濁したお湯で満たされた浴槽にその手を入れた。数秒後、その手を自分の口元に当てた。
「良い酸性硫黄泉だ」
「博士!?」
「安心したまえジョー。この臭いは硫黄だ。火山性温泉であれば当然の現象だから、異常ではない」
まだ納得出来ていない様子のジョーに、南部は続けて言った。
「西洋にも温泉を利用した保養施設は昔から存在しているが、概して温度は低めなのに対し、この地域は高めの湯温を好む傾向がある。湯温の違いは、衛生上の問題もあるが、利用する側の体質に由来する好みの違いもある。君が戸惑うのも無理はない。だが火傷はしないから心配は要らない。それに…」
南部は窓の外を指差した。
「露天風呂もある。屋外にある露天風呂は比較的湯温が低いから、最初はそちらに入ってきてはどうだね」


滑りやすいのでご注意下さい、と書かれた注意書きを横目にジョーが外へ出ると、目の前には濃い緑と雪を戴いた山並みが広がり、足元には乳白色の湯を湛えた木の浴槽があった。
ジョーはおそるおそる浴槽に身を浸した。
南部の言う通り、屋内の浴槽より温度が低く、熱すぎる感じがない。
残雪を載せた山々を眺めながら湯船にゆったりと浸かるのは、確かに気持ちが良かった。
はじめは毒ガスに思えた硫黄の臭いにも慣れ、違和感のあった白いお湯も、じわじわと染み入る感じが実に気持ちいい。
意外な心地よさに、ジョーは目を閉じ湯の温もりに身を任せた。
頬で涼風を受け、合唱のような鳥の囀りに耳を傾ける。
なるほど、温泉好きが多いのも分かるってもんだ、こりゃあ気持ちいいぜ、とジョーが納得していると、後ろからコンコンと何かを叩く音がした。
ジョーが振り返ると南部がガラスをノックするように叩いている。
モールス信号だった。
…ナガユ ハ キケン キヲツケロ…
そうなのか、とジョーが立ち上がった瞬間、キャーという歓声が上がった。
ジョーが声の方向を見ると、見覚えのある女の子たちが手を振っている。
プールで話しかけてきた女の子たちだった。
露天風呂は高台にあるものの、女の子たちのいる遊歩道と二十メートルほどしか離れていない。
柵はあるが、浴槽からの展望を保つため、高さはジョーの腰くらいまでしかない。しかも板状ではなく、木を格子に組んだだけなので、視線を完全に遮ってはいない。
ジョーは急いで屋内に逃げ込んだ。


「大丈夫かね?」
ヨロヨロと露天風呂から戻ったジョーに、半身浴中の南部が声をかけた。
「湯疲れだろう。水分をとって、部屋で横になっていなさい」
心配する南部の声に、ジョーは振り向きもせず頷いただけで出ていった。


南部が部屋に戻ると、ジョーがソファーでノビていた。
「温度が低めのお湯だと、長く入っていられるからかえって湯疲れしやすいのだ。気を付けたまえ」
「はい…」
力の無い声だった。
温泉が怖い、というのがジョーの偽らざる感想であったが、口にはしなかった。
何で外から丸見えなんだ?理解し難い文化だぜ、こんなところに10日もいるのか、そんな思いが頭のなかをグルグルしているうちに、湯疲れした体はあっさりと眠りに落ちていった。



続く。

外から丸見えの露天風呂って、少なからずありますよね(^_^;)

あと、湯温の高さに恐れをなしているヨーロッパ系の方をお見掛けすることも多いです。

スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
いつも読ませていただいております・・。温泉ですね^^

番組を観てるとイタリアも火山が多いせいか、温泉が至るところにあるんですよね。でもおっしゃるように、向こうの方は湯治が主なんですよね。(水着着用)

日本式(?)の熱い温泉に四苦八苦しているジョーを思い浮かべてにんまりしちゃいました(笑)
私も外にいる女の子に混じってきゃあーとか言ってみたいです。

向こうの温泉

kisaraさま、こんばんは。

日本以外の温泉はハンガリーで入っただけなんですが、仰る通りで水着着用の温水プールのような形式で、湯温もぬるめでした。指先ふやけまくりで(^_^;)

国内の温泉地も、最近は非常に国際的といいますか。近隣のアジア諸国の皆さんが多いようですが、ヨーロッパ系の方もいらっしゃって、彼らが湯温の高さに驚いているのをよく見かけます。なかには、浴槽に入らないでかけ湯だけで済ます人も。
日本の温泉の温度は彼らの肌には刺激が強すぎるのかな。普通の湯と違って、温泉は成分も濃いですし。


こんばんはー♪

おほほ・・
テルマエ・ロマエのような展開に笑いが止まりません。
ジョーは古代ローマへ行っても違和感ないでしょうね。

>水着着用
でもジョーにはアレな海パンでギャランドゥな・・(以下自粛)

Re:

キョーコさま、コメントありがとうございます。


>テルマエ・ロマエのような展開に笑いが止まりません。 

私も映画見ました。
書きながら、ン番煎じだよなー、と思いつつ、まあいいかと…(^_^;)

>ジョーは古代ローマへ行っても違和感ないでしょうね。 

そうですね。トーガ、トゥニカ、カリガ、等々どれもばっちり似合うでしょう。
むしろ、ナンバーTシャツの方が違和感あるかも。

>水着着用 
でもジョーにはアレな海パンでギャランドゥな・・(以下自粛)

真面目な話、日本だとものすごい酸性の温泉もあるので、普通の水着だと直ぐに痛んでしまうような気がします。
なので、あまりに表面積の少ないものですと、入っているうちに溶けて(以下自粛)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。