FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試飲会

「なんか、変わった味だな」
カウンターに座った彼は、マグカップを手にしたまま、年齢に似合わない渋い声で呟いた。
「あら、美味しくなかったかしら」
それなら折角仕入れたこのコーヒーはお店に出せなくなってしまう。大損害だわ。仕入れ値だって高かったのよ。
「いや、旨いぜ。それに、良い香りだ。だけどよ、コーヒーらしくねえって言うか」
そう言って、彼はマグカップを揺らす。
「なんちゅうか、サッパリしてる、って言うんかいのう」
隣に座る太めの彼が、ちょっと間延びした独特の口調で会話に入ってくる。
「コーヒーがサッパリしてるなんて、そんなのあるかよ?」
声変わりし始めの掠れた声がした。
「お姉ちゃん、やっぱり変なもん掴まされたんじゃない?」
失礼しちゃう。そんなはずないじゃない。ちゃんと試飲したんだから。
「甚平、油売ってないでさっさとやることやって。シュガーポットの中、確認したの?」
こわっ、と、甚平は肩をすくめた。
「竜の言う通りだな。サッパリしてる。味だけじゃねえ。香りもそんな感じだ」
「そうじゃろ、ジョー?」
思わぬ援軍に、竜は嬉しそうな顔になる。この二人って、けっこういいコンビだと思うのは、あたしだけかしら。
「飲みやすくて、旨いぞい」
竜はカップの中身をグイと飲み干した。
「苦味が少ねえからな。このコーヒーはカフェラテやカフェオレにするより、このまま飲んだほうが旨いぜ、きっと」
そうかも。もっと苦味が際立った、いかにもコーヒーらしいコーヒーの方が、乳脂肪分には合うわよね。
「どこのコーヒーなんだ?」
「アフリカのエチオピアよ」
あたしは豆の入ったパッケージをジョーに見せた。竜と甚平も覗きこむ。
「エチオピアって、マラソンとか長距離がスッゴい強いところだよね」
「オリンピックで何度も金メダル取ってるぞい」
「なんでも、山岳地帯が多く交通が不便なので、日常生活が長距離のトレーニングだという話だぜ。竜のダイエットに持ってこいだな。ところでこの産地、なんて読むんだ?イィ、ル、ガ…」
パッケージにはyirgachefeと記載されている。
「イルガチェフェ、と読むそうよ。標高の高い湿地で、コーヒーには最適なんですって」
「標高の高い湿地なんてよぉ…、ギャラクターの基地でもありそうなところじゃのう」
まさか!
「コーヒー豆がギャラクターの資金源って、そんな苦々しい話は真っ平だぜ」
ちょっとジョー!本気にならないで!
でも、実際ギャラクターの基地がそういう場所に多いのは本当なのよね。
「それはないよ。だってこれ、ガッチャって書いてあるぜ」
甚平はyirgachefeのgacheの辺りを指差した。ああ、そう言えば…。
「そんな名前をカッツェのヤツが許すわけがないじゃんか」
甚平の言うことに、たいした根拠なんてないことはわかってるけど、でもそんなささやかな偶然でも、あやかりたい気分もある。
ガッチャなコーヒー、シングルオリジンのストレートコーヒーの目玉として、お客さんに出してみようか。
「二人のお眼鏡にも叶ったみたいだから、お店に出してみるわ」
「そうじゃ、みんなでどんどん飲んで、産地の人たちが潤えば、ギャラクターも付け入ってこなくなるしのう」
「そうすれば、ギャラクターの基地にされる心配もないもんね!」
ジョーがちょっと怖い顔で、はしゃぐ甚平をチラ見してる。そんな単純な話じゃねえ、って言うのはわかるけど、でも、状況の改善には繋がると思うわ。
そんなことを考えていたら、ジョーがあたしのほうを見てる。
「リーダーに試飲してもらわなくていいのか?」
リーダー!?冗談でしょ。踏み倒し寸前の付け客に、なんでタダで高級品を飲ませてやらなきゃならないわけ!?



おしまい☆


文章が変なまま投稿してしまったので、少し直しました(2016・10・10)







響子さまの記事に触発されて勝手に書きました。
響子さまの記事は
http://g-2.blog.jp/archives/66246965.html
です。
スポンサーサイト

コメント

No title

へぇ、このコーヒーはあっさり味なんですかー。
エスプレッソを飲み慣れているであろうジョーには物足りないかもですね。

ツケが払えなくて試飲もできないリーダー様・・かわいそうに。
でもなぜか可笑しい^^(こら)

記事へのリンクもありがとうございました

キョーコさま、こんばんは。
手直しの最中にコメントをいただいてびっくりでした。

> へぇ、このコーヒーはあっさり味なんですかー。

そうなんです。ケニアとかルワンダとか、アフリカのコーヒーは割とあっさり風味で香り高い印象ですね。


> エスプレッソを飲み慣れているであろうジョーには物足りないかもですね。

ええ。そう思います。あのイタリアのエスプレッソの豆って何処の産が多いんでしょうね?


> ツケが払えなくて試飲もできないリーダー様・・かわいそうに。

したとしてもきっと味音痴で…。



> 記事へのリンクもありがとうございました
こちらこそ、サボり気味だった創作のネタを与えていただいてありがとうございました。

No title

フィク読むの少し苦手なのですが(多分本編との違和感が苦手)、この話はすっと入ってきました。話の合間のひとシーンを垣間見た感じ。素敵です。

しかし健ちゃんって何であんなに金なさそうなんでしょうね?金遣いが荒いわけでもなさそうだし。金がないというより無頓着で持ち歩く習慣がないような気がします。

コメントありがとうございます

隼人さま、コメントありがとうございます。読んでいただけて嬉しいです。返信が遅くなって申し訳ありません。
私も、あまりに本編とかけ離れているのは苦手なのでお気持ちわかります。
健ちゃんの金欠の原因は、やっぱり固定資産税かなあ。何年も滞納してたことになってて、相続放棄しななら払え、と。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。